家をつくろう

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

カテゴリ:模型( 10 )

2009静岡ホビーショー

先週のF1スペインGP、ブラウンのバトン・バリチェロのワン・ツーフィニッシュでブラウンGPの強さが際立ったレースとなったわけですが、もう一方で際立ったのがフェラーリの不甲斐なさ。ミハエル・シューマッハが引退し、ロス・ブラウン、ジャン・トッドがチームから離脱してから内部組織が滅茶苦茶になったような気がします。自分のチームの実力を判断しきれない首脳陣、その結果、予選でライコネンがQ1で敗退。これは一発のタイムを過信しすぎて次のアタックへと送り出さなかったのが16番手のタイムへと後退してしまうという失態。今年に入って2回目じゃなかったけ?このミスは。そして、レースの戦略ミス。ギャンブルをしなくて良いところで大きな賭に出て、その結果大きく順位を下げてしまった。あの雨のレースでのヘビーウエットの交換はまさに何やってんだ状態。挙げ句の果てには燃料残量の計算ミス。ガス欠になるかもしれないからペースを落とせなんてレース中に絶対にあってはならないこと。マッサも一体どうすれば良いんだ?とチーム不満をぶちまけていました。結局ガス欠にならずにチェッカー後も無事に走りきってピットに戻ってこれたのだから、私が首脳陣だったら仮にそういう問題が発生しても、ドライバーには心配させないように全力でアタックさせたと思う。組織内の戦略の悪さに加え、信頼性の低さ。フェラーリって一体、いつからこんなに壊れるマシンになったの?思うくらい、壊れすぎです。シューマッハが築き上げたフェラーリ黄金期は完全に姿を消してしまったようです。このままいったら、FIAのコスト削減案である予算ギャプ制にこじつけて、F1から撤退しそうでイヤな空気が流れています。

さて、今週末は静岡で2009静岡ホビーショーが開催されており、現地では新作の発表が続々と報じられていますが、私的に注目のアイテムをピックアップして紹介したいと思います。

まずはアオシマ。このメーカーは今回、たくさんの新製品を発表しています。100年に一度の大不況を感じさせない商品ラインナップです。その中で特に注目したのが、
f0117332_1142015.jpg
ランサーエボリューションX。久しぶりのランサーの新作です。画像はまだ試作品ですがなかなか良さそうです。
f0117332_11423897.jpg
続いてはカーモデルではないのですが、私の好きなターミネーターのプラモデルがアオシマから再販です。6月からCSのch.360スーパードラマTVでターミネーター:サラ・コナークロニクルズという海外SFXドラマが日本初放送されるので、ものすごい良いタイミングでのリリースですね。このドラマはターミネーター2の後に起こる出来事で設定されているのでドラマ自体も非常に楽しみです。私はこの機会に絶対入手します。

続いてはタミヤ。このメーカーは他と比べるとあまり目立つところなしといった感じでしょうか。
f0117332_11433260.jpg
カーモデル唯一新金型なのが日産フェアレディーZ(Z34)。はじめはこのキットはパスしようかとも考えたのですが、やはりタミヤの新作ともあって、見過ごせませんでした。
f0117332_11443048.jpg
こちらはポルシェ956ケンウッド仕様。金型自体は古いのですが、デカールを新規に起こしてのバリエーション展開版。レーシングカー好きの私としてはコレクションに加えたい一品です。タミヤの新製品はこれくらいでしょうか。後は再販に付加価値を付けてのリリースです。

続いては、大注目のフジミ。このメーカーは不況という2文字を知らないのでしょうか。そう思わせるくらい元気ですし、会場でのサプライズ商品も連発しています。
f0117332_1145919.jpg
まずはなんと言っても一番の注目商品がこのマクラーレンMP4/6です。このF1不況になんとマクラーレンから新作です。どこのメーカーもインジェクションキットで1/20でキット化しなかった一品。ホンダV12をこのスケールで作れちゃんですからうれしいですね。当然作るとしたらセナ仕様でしょうか。初回特典としてエッチングパーツが付属されるのも会場でのサプライズです。
f0117332_11452924.jpg
こちらはディーノ206コンペティツォーネ。毎回フジミからフェラーリのスポーツカーが新金型でリリースされていましたが、今回も裏切りませんでした。このキットも非常に楽しみです。バリエ展開も期待しちゃいます。
f0117332_11455978.jpg
そして私的に会場発表でサプライズだったのがこちら。まず一つ目がこちらのモックアップ。88年に走行したF187でしょうか。年に1台、F1の新作を制作するのも大変な時代なのに、フジミF1連発。
f0117332_11461712.jpg
続いてはフェラーリF2007のモックアップ。昨年はF248のモックアップで沸かせてくれましたが、今年も近代F1のモックアップが登場です。こうF1マシンを連発されると、フジミに足を向けて寝ることはできませんね。フジミ模型には本当に感謝です。
f0117332_11463873.jpg
そして、最後に会場発表のサプライズ品はホンダのオデッセイ。ホンダ車のキット化は久しぶりです。最近のフジミのクオリティーは高いですし期待大です。

っと、やはりなんと言っても今回のホビーショーはフジミの一人勝ちという印象を受けました。いや、マジでフジミにやられました。大不況のはずなのに、それを逆手にとって頑張ってますね。今回のモックアップでの会場発表品はあくまでも予定なので、最後まで製品化されるかは分りませんが、モックアップして発表したからにはほぼ製品化するというメーカーの強い意志があると思いますので期待しています。私的に注目アイテムを取り上げてみました。
[PR]
by katsugen77 | 2009-05-17 12:17 | 模型

ホビーショー向け新製品

4月に入って早くも中旬。今月からF1の放送が変わりました。フジテレビではCS放送を改編し721、739の他にフジテレビNEXTと3部構成に生まれ変わりました。と、相対的に聞くと良い感じを与えますが、我々F1を生中継で見てきた人間にとって、この改編が迷惑きわまりないものになりました。そう、今まで通りF1を生中継で見たい人はフジテレビNEXTに入らないと見られないというもの。もちろん、フジテレビNEXTは有料です。今までの契約で見られていたF1中継がLIVEで見られなくなってしまいました。NEXTの月々の基本料が1260円。これを安いと見るか高いと見るかは人それぞれですが、私は今まで見られていたものが更に追徴しないと見られないとなると、ものすごい値上げに感じてしまいます。よって、まだ加入するかどうかは様子を見ているところです。来週は中国GPがあるので、どうしましょうか。たまたまマレーシアGPの時は無料開放DAYだったので、決勝だけ見ることができましたが、今週末は加入しなければLIVEで楽しむことはできません。どうしましょうかねぇ。LIVEタイニングでラップをリアルタイムで見ながらの観戦が好きだったので迷いどころです。

さて、冒頭が長くなってしまいましたが今日の本題はホビーショー2009アイテム関係。フジミ、アオシマから続々と新製品情報が出てきました。
まず、なんと言っても注目なのがフジミのマクラーレンMP4/6。1/20スケールでこのマシンが出るとは思っても見ませんでした。これでマクラーレンのMPホンダシリーズが充実します。ゲルハルト・ベルガーがこのマシンで鈴鹿のタイムレコードを記録した有名なマシン。でも、作るんでしたらやはりアイルトン・セナしようになりますよねぇ~。パーツ数も200点越えでかなり精密な作りになっているそうです。これは発売と同時に即買い決定ですね。
それと、フジミからもう一点、私的に注目なのはディーノ206コンペティツォーネ。ディーノは今までエンスーモデルで存在していましたが、今回はまったく新規の金型。フジミのフェラーリシリーズが更に充実するので、こいつも抑えておきたい一品です。
アオシマも新金型とか色々と注目のアイテムが発表されましたが、私的に一番ほしいのは、今回はカーモデルではなく、フィギュア系のプラモ。ターミネーターT-800です。これは映画ターミネーター2が公開されたときに、一度発売されましたが、18年の時を経て、再販です。今まで模型店であまり見かけることができなかったので、今回は再販を機にGETしておこうかと思います。こいつはカーモデルではありませんが、番外編として製作記で公開していきたいと思います。今のところの予定ではありますが。
タミヤがまだ新製品の発表がないので、どんなサプライズ商品が出てくるか楽しみですが、フジミ、アオシマが元気なので、ここでタミヤも良いところを見せておかないと、2社においていかれてしまいますよ。個人的にはかなり期待してます。
f0117332_144224100.jpg

[PR]
by katsugen77 | 2009-04-15 14:44 | 模型

641/2(f190)フジミより発売

気が付けば8月に突入。このブログも随分と放置状態にしてしまいました。
現在、建設業経理士の原価管理の試験に向けて猛勉強中。経理の試験に関しては、原価管理のほかに、財務諸表、財務分析と3科目すべて合格して1級の資格が与えられるため、道のりはかなり遠いです。9月の試験に向けてあと1ヶ月となって、少々焦っていますが、合格に向けて尽力したいと思います。試験が終わるまでは、しばらくブログの更新・模型製作が出来ないのが辛いですが・・・

さて、模型業界はGT-Rで盛り上がっていますが、F1に至ってはフジミ模型が唯一1/20スケールでオールドマシンをリリースしてくれています。そんな中、今度のフジミのターゲットはフェラーリ641/2に決定したらしい。詳しい発売日、価格などは不明。スクープ的にある雑誌にちらりと載ったとか。私は確認していませんが。
だとしても、641/2が1/20で発売されるのは嬉しいですね。未だに人気が高いマシンですから。このマシンが、F1の歴史の中で一番美しいという人も少なくないわけで。私としても非常に興味がそそられます。タミヤの1/12スケールでは持っているのですが、1/20スケールは無いので、これは2個買いは間違いないでしょう。出るのが間違いないので有ればフジミに感謝しなければなりませんね。何でも高騰の世の中で、ましてF1のキットを。フジミ模型に足を向けて寝ることが出来なくなりますね。
久しぶりに胸が躍る話題でした。
f0117332_22263249.jpg

[PR]
by katsugen77 | 2008-08-01 22:27 | 模型

GT-R

久しぶりのブログです。果たして、このブログをどれだけの方が見に来てくれているのでしょうか。ログを見れば分かるのですが、怖いのでやめておきますw
忙しさが落ち着けば、ブログの方も更新していきたいと思います。気が付けばF1が開幕し、既に3戦も終わってしまいました・・・

さて、久しぶりにインターネットを見ていたら、模型業界はホビーショウに向けて新製品のリリースが展開されていました。で、今回の目玉といえば、そう、NISSANのGT-R。このスポーツカーだけは、必ずキット化されるとは思っていましたが、なんと、カーモデル大手3大メーカーがそろって新製品のリリースです。これには驚きました。フジミ、アオシマ、タミヤ、過去にもR33、R34を立て続けにリリースしてきたので、絶対はずせないアイテムなんでしょうね。
価格はフジミ、アオシマが同じ税込み2940円。そしてタミヤだけがかなり高めの4200円。最近のフジミやアオシマのキットの良さからするとタミヤは以上に高い気がします。タミヤのこの値段は技術力の現われなんでしょうか。でも、この値段を出すならフジミ、アオシマを買っちゃいますね。どこのメーカーが売れるか、結果はすぐに出ると思いますが・・・
アオシマのGT-Rはタイヤを回転させるとディスクブレーキが一緒に回転するギミック付き。これはフジミがいち早くレクサス、エンツォで導入しました。フジミのGT-Rがこのギミックを有しているかは今のところ分かりません。どちらにしても、飾っておく模型ですからね、個人的には必要ないと思いますが、ブレーキのメカニズムを知るには良いかもしれませんね。
気になるのはタミヤのキット。多メーカーより1200円も高いのですから、内容が気になります。でも、最近のタミヤの価格帯からすると、もう4000以下のキットは望めないかもしれません。その価格にあったキットの構成にさえなっていれば、タミヤだけ取り残されることもないのですが(なんか決めつけた言い方になってますねw)。タミヤはおきまりのエッチングパーツが別売りでリリースです。価格は1400円で200円の値上げ。何度もいいますが、価格にあった内容であれば良いのですが・・・
カーモデル業界は氷河期。でも、このGT-Rのリリースを気にGT-R祭りが展開されそうな予感です。私も一台買って作りたいと思います。
[PR]
by katsugen77 | 2008-04-17 21:37 | 模型

クレオス新製品

ゴールデンウイークもあっと言う間に終わり、気が付けば5月も上旬が過ぎました。本当に時間が経つという事は早い。三十路までのカウントダウンが始まってますが、もう少しで30代です。恐ろしいです。人生の折り返し地点です。そろそろおっさんの領域です。
f0117332_0464452.jpg
さて、今日は塗料のお話。巷ではすでに発売されていましたクレオスの新商品、GXカラーを、私も先週やっと入手する事が出来ました。
すでにこの塗料を使用して塗装を試された方もいますが、私もこの塗料、非常に注目していました。使用感は従来のスーパークリアーとほぼ同じようで、乾燥が早いのが特徴。最近、私はスーパークリアーⅡを使用した場合、2週間は乾燥時間をとっている訳ですが、この新商品、スーパークリアーⅢであれば塗装後1週間くらいで研ぎ出しに入れそうな予感(さすがに塗装してすぐには研ぎ出せないと思います)。
いくらここで塗料について話しても、実際に使ってみないと善し悪しが分かりません。近い内に、このスーパークリアーⅢを使ってトップコートをしたいと思います。今からどの車に塗装しようか楽しみです。
[PR]
by katsugen77 | 2007-05-11 00:53 | 模型

フェラーリ599GTBフィオラーノ

先日のF1バーレーンGPでは見事マッサが今季初優勝を飾りましたね。第1戦、第2戦と自分のミスとトラブルで表彰台に上がれる実力を持っていながら上がれない、もどかしい思いをしていたので、今回のレースでそんな雰囲気をいっぺんに吹き飛ばしました。やれば出来るのですから、これからも焦らずじっくりとレースをしてほしいと思います。それにしてもL・ハミルトンは凄いですね。デビューしてから3戦連続表彰台。これってF1界でとてつもない記録なんだそうです。ルーキーが連続して表彰台に上がるのは簡単な事ではありません。この記録がいつまで続くか注目です。

さて、先日フェラーリ599GTBフィオラノが発売されていたのでゲットしてきました。で、早速今日、仮組みを行った訳ですが、これがまた出来が抜群に良い。少し前までのフジミのキットと言えば、パーツの合いが悪いで有名でしたが、そんな汚名がどこに行ったのか。まったくもって綺麗にピタッとはまります。組んでいて非常に楽しくなってしまいました。
それにしても、この599GTBというマシン、昨年のジュネーブ・モーターショーで発表されたばかりの車なのに早くもプラモデルとしてキット化されちゃいました。フジミにしてみれば、版権契約があるうちに続々とフェラーリのマシンをリリースさせるという所なんでしょうが、このマシンはまだ日本に上陸してないと思われます。するとどうやってCADをおこしたんでしょうかね?現地に取材に行ったのでしょうか?それともフェラーリから図面をもらったのか?写真だけで模型の設計をしたのか。いずれにしても、キットでは細かいところまで再現されているのでフジミあっぱれです。
f0117332_3361489.jpg

[PR]
by katsugen77 | 2007-04-17 23:45 | 模型

書斎

f0117332_185100.jpg
今日から本格的に書斎で塗装を行いました。前回はクリアーの塗装だけだったので、ミストがきちんと換気扇に吸い込まれているのか分かりませんでしたが、今日はグレーのサーフェイサーを吹きつけたので、やっと使用感が分かりました。
とりあえず、塗装ブースとしては十分すぎるほど機能しています。大抵部屋の中に舞うミストはサーフェイサーのミストで、それだけサフのミストは目に付きやすく、しかも塗装で一番多く使うのもサーフェイサーなので、家の中で塗装している方は、サーフェイサーのミストで苦労されている人は多いのではないでしょうか。私もその一人でした。以前の環境ですと、部屋中のいたるところにサーフェイサーのミストが付着して、指で触れただけでグレーの粉末が手に付着していました。それを思うと今の環境はとても良いです。ただ、換気を行う場合、窓を開けないと空気が外へ逃げていかないのでものすごく寒いというのはデメリットです。今時期の塗装はちょっと厳しい物があります。
f0117332_181565.jpg
写真は塗装道具一式。エアブラシの隣に各社の薄め液を常備しています。塗料は引き出しが5つ付いた書類入れ?に閉まっています。一番上の段がエアブラシで塗装出来るように濃度を薄くしている塗料です。入れ物の蓋には色の名前を記入してあります。次の段はメンテナンス道具が入っています。そして次の段はクレオスの希釈していない原液の物を保管しています。その下はモデラーズやフィニッシャーズ等の塗料を保管しています。缶スプレーは煎餅が入っていたカンカンに保管。サーフェイサーやクリアーの缶スプレーは良く使いますのでカウンターの一番左に常備しています。私の塗装環境はこんな感じです。
整理整頓の苦手な私が塗装道具のしまい方を紹介するのも何ですが・・・参考にしたい方はしてみてはいかがでしょうか。
[PR]
by katsugen77 | 2007-04-04 23:07 | 模型

トムスSC430

昨日から1級土木施工管理技士の合格講座が日建学院で始まりました。これから毎週日曜日はこの講習を受講するために休み返上で勉強です。7月1日の試験まで約3ヶ月間、死にものぐるいで勉強しなければなりません。昨年の合格率(釧路での合格率は25%だったらしい)が極端に低かったので、今年はどうなるか心配ではありますが、国家資格取得目指して頑張っていこうと思います。
さて、日建学院は釧路駅前にある訳ですが登校するまえに行きつけのミヤケ模型店によって昨日入荷したばかりのOPEN INTERFACE TOM'S SC430を購入してきました。で、しばらく模型をいじっていなかったので、早速仮組みしてみました。(試験勉強があるのにこんな事していて良いのか?)
f0117332_051515.jpg
タミヤの最新作とあってパーツの合いは良好で、ストレス無く組み上げる事が出来ます。ただ、レーシングカー特有のロールケージがこのマシンではかなり細く、組み上げるのが大変です。しいて難しいところはここでしょうか。あとは塗装が難しそうです。
このキットは金属板をインサート成型したアンダーパネルとなっていますが、今までのダイキャスト製シャシーが鉄板になったのかと思いきや、蓋を開けてみると、ただ単に鉄のかたまりをプラスチックでおおった感じで、重量感はあるもののアンダーパネルはただのプラスチック。金属板というのは単純にウエイトだった訳です。なぜ、タミヤは重量感にこだわるのでしょうか。良く分かりません。そんな訳で、ダイキャスト製アンダーパネルよりも貧相になった感じです。
こちらの製作記は、当サイトのビギナーズモデルネットの方で細かく製作記として随時更新していきますので、興味がある方は覗いてみてください。もちろん、進捗具合はこちらのブログでも公開していきます。
[PR]
by katsugen77 | 2007-04-02 23:50 | 模型

塗装ブース始動

f0117332_22431738.jpg
だいぶ荷物も片づいてきたので、今日はコンプレッサーのセッティングと試運転、エアブラシのメンテナンスと久しぶりの塗装をしてみました。塗装するのはなんと、昨年の12月以来。我が家の着工が始まった時から模型には触れられませんでした。
エアブラシや缶スプレー塗装の場合、家屋の中で塗装する時に問題になるのが換気。そこを我が家ではどう対処するのかが重要課題でした。土屋ホームの建物はただ単に換気扇を付けただけでは理想の換気を行ってくれません。なぜなら高気密住宅だからです。どんなに強力な換気扇を取り付けても、空気取り入れ口がなければ空気を排出する事が出来なく、また逆に大きな換気扇を取り付けて穴を開けてしまうと、普通に生活するのに機密が落ちてしまうというデメリットも発生してしまいます。そんな問題が色々とあった訳ですが、なんとか理想の形にする事が出来ました。
換気扇は強力な物を選び、一応電動シャッター付き。換気扇の周りには少しでも機密があげられるようラーメン屋のおかもちのような蓋を付けて使用しない時は閉じるようにしました。右上には空気を取り入れるための窓。ほんとうはこの窓はもう少し換気扇から遠ざけたかったのですが、幅一軒分という限られたスペースではこれが限界。あとは上手く換気出来るかやってみるしかありません。
で、実際に塗装してみました。以前に中途半端に終わっていたメタリック塗装のトップコートの実証についてクリアーを吹いてみました。
f0117332_22432797.jpg
窓を少し開けて換気扇を弱で回し、塗装してみました。空気は窓からぐんぐん入ってきて、排気も換気扇から問題なく行われました。一応塗装ブースとして部屋全体が機能しているようです。安心しました。スイッチの切り替えで強にも設定出来ますが、今日は使いませんでした。
塗装したサンプルはカミさんから払い下げた食器乾燥機の中に入れて一晩放置します。まだクリアーを吹いたばかりなので何とも判断しがたいですが、結果は後日私のホームページの方で公開したいと思います。
f0117332_22433570.jpg
さて、今回の塗装で約30分窓を開けて換気扇を稼動させた訳ですが、室温が下がる下がる。気が付けば14℃を切っていました。恐るべし換気扇。他の部屋にはシンナー臭が行ってなかったのでとりあえず理想通りの塗装ブースとなりました。
[PR]
by katsugen77 | 2007-03-26 23:18 | 模型

陳列棚・ガラスケース作成

昨日は日曜日だったので出来たてほやほやのマイホームでゆっくりくつろぎたかったのですが、荷物を搬入していないのでテレビもパソコンも無し。おまけに電子レンジも冷蔵庫もないと生活できません。昔はそんな物無くても立派に生活できたのに、現代にどっぷり浸っている私にとっては不便でなりません。そんな訳で、釧路へマイホームに必要な物を買い足しに行ってきました。
f0117332_23542370.jpg
で、私は何を買ってきたかというと、ホーマック(北海道では有名な大型DIY店)に行って陳列棚を作るための木材を調達してきました。今日はその木材を使って書斎に棚を作りました。素人にしては上手くできたと思います。こちらの壁一面に未製作のキットを保管する予定です。
f0117332_23543178.jpg
本当はこの棚も土屋ホームで作って頂きたかったのですが、値段が高かったので自分で作ることに。1/4の費用で製作することが出来ました。下地に使った木にはきちんとクロスを貼って壁と統一してあります。集成材を使ったので強度も十分。我ながら満足行く物となりました。
陳列第一号は昨日購入してきたフェラーリ365GT4BBと512TR。
f0117332_23543955.jpg
さて、今日はもう一つ製作しました。それはこのガラスのショーケース。こちらは通販で購入し、本日届いたので製作しました。
こういったガラスケースって高いんですよね。これくらいの物だと十万円前後するのは当たり前です。でも、探せばあるものでこのように大型なガラスケースでも29780円。しかも北海道は送料無料。北海道にとって送料無料というのがどれだけ有り難いことか。下手したら北海道・沖縄・離島は別途料金がかかりますからね。
この商品はトップクリエイトという通信販売会社です。気になった方はこちらをご覧ください。
http://www.topcreate.jp/shop/cgi-bin/shopping/cgi-bin/shopping/display.cgi
f0117332_23544731.jpg
早速完成品を飾ってみました(B192のノーズが壊れちゃいましたが・・・)。これなら1/24スケールの模型であれば段を増やしたりすれば150台以上は展示出来るのではないでしょうか。
ただがらすが割れやすそうなので、衝撃は厳禁です。スライド錠は商品に含まれていませんが、子供が開けて壊されないように取り付けました。この商品だとスライド錠は最低2個は必要です。私は4つ取り付けました(引き戸は6カ所あります)。
[PR]
by katsugen77 | 2007-03-12 23:53 | 模型

一戸建て住宅の着工から完成、引渡後のアフターサービスまでを紹介
by katsugen77
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
マイリンク
最新のトラックバック
レース
from レース
ブログ意見集: 土木施工..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
土木施工管理技士の年収 ..
from 職業別年収(給料)を徹底サーチ
【F1ニュース】コバライ..
from F1GPニュース・動画WEB
土木施工管理技士の問題に..
from 土木工事施工管理技士試験ガイ..
土木施工管理技士
from ブログで情報収集!Blog-..
写ボール・大会優勝記念に
from 写ボール・大会優勝記念に
アンティーク家具ショップ
from アンティーク家具ショップの案内
外断熱工法
from ブログで情報収集!Blog-..
キックボードに乗ろう キ..
from キックボードに乗ろう キック..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧