家をつくろう

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

カテゴリ:F1( 20 )

2009東京ホビーショー(幕張)

早いもので10月の中旬に差し迫ろうとしております。前回のホビーショーの更新からだいぶ長い期間がたっちゃいました。今回も秋のホビーショーネタ。まるで年2回の更新のようなペース配分。もう少し更新をまめにしていかなくてはなりませんね・・・

さて、本題のホビーショー。今回も新製品が各社からリリースされました。かなりサプライズ的な物もありましたので紹介していきます。(もうすでにいろんなブログで紹介されていますので、多少で遅れた感がありますが・・・)

まずはハセガワ。
f0117332_222431.jpg

フェラーリ312Tです。特徴的なインダクションポッドが見事に再現だれております。シャシーは前回発売された312T2の物と一緒のようです。ボディーのカウル部が新規に追加されています。各社の新作F1キットは4500円に設定されていますけどハセガワのみ3800円と安いのがうれしいですね。

続いてはアオシマ。
f0117332_22241774.jpg
メルセデスSL63 AMGです。アオシマから外車がリリースされるのは珍しいですね。しかもメルセデス。この車種はF1のセーフティーカーでお馴染みの車であって、今後バリエーションでセーフティーカー仕様が出てくるでしょうね。出来もエンジンまで再現されており良い感じです。

続いてはタミヤ。
f0117332_22244487.jpg
数年のブランクをあけてのF1マシンの登場です。F60は今年の新レギュレーション対応のフェラーリマシン。デビュー当初は不格好であまり好きではありませんでしたが、シーズンも中盤にくるとこれはこれで格好いい。しかも、久しぶりのタミヤF1ですよ。俄然期待が高まります。ホビーショー予告では一番のサプライズでした。しかし残念なことに1/24のスポーツカーシリーズからの新規リリースはありませんでした。

続いては大本命のフジミ。今ホビーショーでも一番の話題を提供してくれました。
f0117332_2225081.jpg
まずはF1から。フェラーリF2007です。最近のフジミはF1キットを精力的にリリースしてくれて、日本の不景気さを感じさせません。フジミのおかげでF1キットの話題がつきなくなってきました。リリースのペースも半年に2台と驚異的。F1キットファンはフジミに足を向けて寝られませんね。
さて、このキットも展示品を見る限りはなかなか良さそう。ばっちりバーコードデカールも再現されています。248F1の時のようなエンジンカウルの特殊な割(マシンの構造上仕方がない分割)ではなく、見た限りではきちんとカウルをはずすことが出来そうです。北海道にももう少しで入荷されるようなので非常に楽しみです。
f0117332_22251653.jpg
こちらはフェラーリF187/88Cです。春のホビーショーでモックアップが展示され、今秋発売予定です。さらにフェラーリのキットが充実します。この時代のF1マシンも良いものですね。
f0117332_22261496.jpg
こちらはホンダオデッセイアブソルートです。春のホビーショーでモックアップ展示されていました。今秋いよいよ発売です。こちらも作成してホンダコレクションとして飾っておきたい一台です。
f0117332_22262817.jpg
こちらは日産新型キューブ。モックアップでの展示ですがホビーショー前に公表されていたので驚き感は少なかったです。前型のキューブを作成しているので、こちらも作りたい一台です。
f0117332_2226558.jpg
続いてはF1ピットクルーセットAセット、Bセット。久しぶりにピットクルーのフィギュアがフジミより発売です。近年のF1は給油がレース中に行われ、ピットクルーも完全防火スーツに身にまとっています。フジミのF1が充実してきたことが開発の要因でしょうか。ピット作業のジオラマ作成に威力を発揮します。

さて、ここからは会場発表のサプライズ商品です。
f0117332_22272082.jpg
まずは92年に活躍したウィリアムズFW14Bです。正直ホビーショー一番のサプライズです。まさかフジミからFW14Bが発売されるとは思っても見ませんでした。当時はアクティブサスなどのハイテク装置満載で圧倒的なパフォーマンス性能があり、他チームを寄せ付けませんでした。あのナイジェル・マンセルの雄志を再現できるとなるとファンにはたまらない一台になります。来春発売予定とのことなので非常に楽しみですね。
f0117332_22273572.jpg
続いてはティレルP34。タミヤのキットではタイレルとして既に発売されていますが、フジミは大型のインダクションポッドタイプをリリース予定。モックアップでの展示だったので詳細は不明。タミヤに真っ向勝負を挑む形となりました。展示品を見る限り前輪タイヤがステアできるようです。
f0117332_22275395.jpg
最後に1/24スケールから新型プリウスとレクサスHS250h。こちらもモックアップのみの展示だったので詳細不明。来春には発売されるかと思いますが、このままお蔵入りということもあり得ます。プリウスは最近のエコ情勢が幸いして現車は売れまくっていますからね。それにあやかって私も一台、作りたいキットです。

とまぁ、私が今回気になったところを取り上げてみました。総括するとフジミが群を抜いて頑張っています。新商品数、サプライズ感、期待感共に一番ではないでしょうか。特にFW14Bは目玉ですね。発売日まで楽しみが増えました。ありがとう、フジミ模型。
[PR]
by katsugen77 | 2009-10-11 23:14 | F1

オーストラリアGP 決勝結果 一変また一変

先週行われたオーストラリアGP、ブラウンGPがワン・ツーで鮮烈な幕開けとなったわけですがレース終了後、3位の確定に疑義があり審議の対象となりました。
決勝結果は3位ヤルノ・トゥルーリで表彰台にあがり普通にシャンパンファイト、決勝後のインタビューを受けて今年はトヨタもポテンシャルがあるぞと思わせる結果となりましたが、問題になったのがレース終盤にセーフティーカーがコースに入ったときにトゥルーリがコースアウトしたために4位走行中のルイス・ハミルトンに抜かれるというアクシデントが発生。そのときの順位はハミルトン3位となった訳ですが、セーフティーカー中のアクシデントということでトゥルーリはもう一度自分のポジションを戻し3位へ。この行為がセーフティーカー中にオーバーテイクを行ったと判断され決勝後のタイムに25秒加算されるという結果となりました。これによりハミルトンが3位に繰り上がりトゥルーリの最終リザルトは12位と訂正されました。
 とまぁ、ここまでは月曜日に出たニュースではありましたが、トゥルーリがまさかの表彰台を喪失。今年の幕開けはごたごただなぁという印象を受けたのですが、FIAは再び審議を行い、両ドライバーからヒアリングを行った結果、トゥルーリとハミルトンが3位を争っている最中にハミルトンがトゥルーリをコースの外に押し出す行為があり、その結果トゥルーリがコースアウトをしたと判明。FIAは黄旗区間でトゥルーリをコース外に追い出しオーバーテイクしたと最終判断し、今度は逆にハミルトンに対してイエローフラッグ区間の危険行為として失格処分を科す事になり、トゥルーリの3位表彰台は確定と落ち着くことになりました。決勝結果が二転三転するごたごたさ。なんだか後味の悪い開幕戦となってしまいました。
でも、ここまでジャッジが変わると、スポーツとして気持ちいいものではありませんね。最終的にジャッジを下す前にジャッジをするのはいかがなものかと。きちんと調べた上で正しいジャッジをして頂きたいと思うのは私だけでしょうか。
それと、ハミルトンのコースを譲らない強情なドライビングが
f0117332_2251667.jpg
目立つ結果となりました。ハミルトンはちょくちょくこういう危険なドライビングをしますね。ミハエル・シューマッハもそういうところがありましたから、速いドライバーにはそういった意地汚さも必要なのかもしれませんね。
[PR]
by katsugen77 | 2009-04-02 22:03 | F1

2009年 F1 開幕

皆さん、お久しぶりです。
今年になって2回目の更新です。このブログも廃墟化してきましたが、少しずつ更新していきたいと思います。月日がたつのは早いもので、もう3月も終わり。そうこうしているうちにF1が開幕してしまいました。よって、今週末はF1三昧。昨日の予選からCSの生中継を観て楽しんでいました。
今年のF1、なんと言っても注目なのが新生ブラウンGP。参戦を表明してわずか1ヶ月での開幕戦。ただ、テストではすこぶる好タイムをマーク。今シーズンは台風の目となるチームです。ただ、なんで新チームが好タイムを連発するのか。それはF1から撤退を表明したホンダのマシンをそのまま受け継いだから。昨年のホンダといえば、不振が続き常に後続を走行するさんざんな結果。これには、実は2008年は早々にあきらめて、シーズンの中盤から2009年に気持ちを切り替えてどこのチームよりもいち早く今年のレギュレーションにあったマシンを開発した結果。2008年は棒に振っても2009年は勝ちに行くという目標があったから。ですから2008年は早い時期にマシンの開発をストップして翌年に全てを賭けたマシンが現在のブラウンGPのマシンというわけです。エンジンこそメルセデスエンジンですが、ギアボックス、シャシー、全てがホンダが作った物です。
そんなブラウンGPですが、見事やって見せてくれました。予選もQ1、Q2、Q3と完璧の走りで1位2位独占。決勝も、波乱があったものの結果はバトンがトップでチェッカーを受け、2位はバリチェロとこれまた1・2独占。すばらしいシーズン幕開けとなりました。
正直、ブラウンGPがここまで速いとは思ってもみませんでした。まさか優勝してしまうとは。うれしい反面、ホンダファンとしては少し心境が複雑です。おそらく、今日のレースを観て日本のホンダファンでしたら”ホンダ”のチームとして実力で勝利を勝ち取ったホンダを見たかったという人がほとんどだと思います。なんか非常に悔しいです。ただ、一番悔しい思いをしているのはあのマシンを一から設計して作り上げたホンダのスタッフだと思います。
会社の経営を考えればホンダの福井元社長の判断は致し方ないものだとは思いますが、この経済が低迷する中で優秀な車を作り上げることができるんだという証明ができたのであれば、撤退をもう一年遅らせても良かったのではと考えても見てしまいます。
強いホンダが帰ってきたと思うと、非常に残念でなりません。
次週はマレーシアGP。やっぱりブラウンチームは速いんだろうな。

f0117332_20585787.jpg

[PR]
by katsugen77 | 2009-03-29 21:23 | F1

F1モナコGP

スーパーアグリがF1から撤退を決めてから今一F1を観たいという気持ちが沸かなくなってしまいましたが、今日はモナコGPの決勝が行われました。
特別応援したいチームもドライバーもいなく、ただ、伝統のモナコGPを誰が勝つのかボーっと観戦。予選では圧倒的にフェラーリが強さを見せつけ、決勝もこんな感じで淡々と進むのだろうと思いきや、レース開始前に雨模様。雨のモナコといえば大波乱の起こるレースとして有名ですが、今年のモナコGPもなかなかおもしろい展開が待ち受けていました。
雨によるグリップ不足からクラッシュ続出。その上ガードレールがひしめき合う市街地コースなのでちょっとのミスで即リタイアがつきまといます。今年もガードレールの餌食になるドライバーが後を絶ちませんでした。雨のモナコといえば、96年のオリビエ・パニスがあれた展開を制したのが印象深いですが、そのときも規定時間の2時間で予定周回数を迎えることなくレースが終わりました。今日のレースも雨のためラップタイムがあがらず規定時間の2時間でレースが終了。終わってみれば、ミスは有ったものの変わりゆく天候を一番ロスなくこなしたハミルトンが優勝。2位はBMWのクビサ、3位は自分のミスで2位を失ったマッサ。トップ争いはさほど観るところがなかったのですが、今回のレースの一番の注目はフォースインディアのスーティルでしょう。途中まで4位を走行し、あともう少しでポイント獲得だったはずですが、ライコネンにおかまを掘られてリタイヤ。弱小チームの4位走行というのは何ともおもしろいもので、このままポイントとってくれと願っていた矢先のリタイアだけに、がっかりしちゃいました。一番悔しかったのは当のスーティルであり、フォースインディアのチームだったでしょう。画面から悔しさがあふれ出ていました。抜けないモナコで順当にいけば4位獲得だったはずだけに、悔しいレースとなってしまいました。今後のレースでフォースインディアが4位を走ることは無いだろうな・・・

さて、ホビーショーも終わり、これからは注目のアイテムが続々と発売されていきます。そんな中、田宮のGT-Rがいち早くリリースされました。私も昨日手に入れましたが、できの良さに感動しました。ほんと、素人に優しい作りでかつクオリティーも高い。初心者にも簡単に格好良く仕上げられる田宮の基本的なコンセプトがそのままつぎ込まれています。今回のGT-Rは、作りやすさを追求しているなという印象を受けました。
中身を見ているうちに、作りたくなってきちゃいました。よって、近いうちに製作をこのGT-Rから再会したいと思います。ボディー関係パーツなんかサーフェイサーを吹き付けたかのようなグレーの成形色。まるで、どんな色にでも自由に塗ってくださいと言わんばかりの配慮。マジでこのまま塗装しても問題なさそうです。逆を言えば、塗装する人をターゲットとした設計になっているので、塗装しないで素組をする人にはちょっと敬遠されそうな感じではありますが。
近いうちに製作記で紹介していこうと思いますので乞うご期待。
f0117332_0431649.jpg

[PR]
by katsugen77 | 2008-05-26 00:43 | F1

スーパーアグリ、F1撤退

早いもので今日でゴールデンウイークは終わり。明日からまた多忙な日々となると思うとテンションが下がります。そんな暗い雰囲気になっていたときに、更に暗くするニュースが飛び込んできました。
それはスーパーアグリF1チームが今日付でF1を撤退表明をしました。純日本チームだけあって一生懸命アグリチームを応援してきたのに、急なF1撤退表明。めちゃくちゃテンション下がりました。
開幕当初からスーパーアグリはグリッドに並ぶのか?と資金難に苦しんでいるニュースが騒がれてきましたが、ここにきて決まりかけていたスポンサー契約が白紙になり、資金難が更に悪化して今回の結果となってしまいました。
今思えば、アグリチームにはいろいろと見せ場もありました。琢磨がアロンソをオーバーテイクしたカナダGPは最高に楽しかった。そんなアグリチームをもう二度と見られないと思うと寂しいですね。短すぎる2年ちょっとのF1参戦となりました。
1992年にホンダが突然のF1撤退を表明したときの記憶が甦るような残念なニュースでした。
琢磨には是非、来年もF1に走ってもらいたい。ホンダのバリチェロは今年で契約が切れるのですが、ホンダ側はバリチェロと契約更新しないという意向があるようですし、琢磨にステアリングを握ってもらいたいなと思ったりもします。今後の動向に注目です。
[PR]
by katsugen77 | 2008-05-06 18:48 | F1

いよいよ開幕

最近仕事が忙しくてなかなか更新できないでいました。気がつけばもう3月です。
3月といえばF1の2008年シーズンが始まります。
テストなどのニュースで今年もマクラーレン、フェラーリの戦いになりそうですが、好調なのがウイリアムズ。今年は中嶋悟の息子、一貴がウイリアムズでフル参戦をはたすので、ウイリアムズを応援していこうと思います。展開次第では一貴の表彰台も十分あり得ると思います。
さて、オフシーズンに全然メディアの前にあらわれなく、財政難でチーム売却の噂も飛び交ったスーパーアグリチームですが、やっと開幕数日前に参戦することが発表されました。一時は参戦も危ぶまれましたが、これで一安心です。ドライバーズラインナップは昨年と同じ。今シーズンも苦しい展開になるとは思いますが、1ポイントでも獲得できるようがんばってもらいたいですね。
f0117332_12215346.jpg

[PR]
by katsugen77 | 2008-03-11 12:23 | F1

アロンソ、古巣ルノーへ

先日報道されたフェルナンドアロンソがホンダのシート合わせを行ったというニュースはゴシップでした。ちょっぴり期待をしてしまったのですが、最終的にルノーと契約すると発表されました。
これで、ストーブリーグが大方落ち着く格好となりました。アロンソにとっては良かったですね。チームメイトにネルソンピケの息子。フィジケラとコバライネンはルノーを去る形になりました。ルノーはこれでドライバーラインナップが一新されたわけですが、来年は非常に混戦した勢力図になりそうなので、アロンソのチャンピオン奪回は一筋縄ではいきそうもないですね。
本年のチャンピオン、ライコネン率いるフェラーリ勢はやはり速いでしょう。チャンピオンに後一歩届かなかったハミルトン率いるマクラーレン勢は問題がなければチャンピオンだっただけに本命各。そこに割ってはいることが出来るでしょうか。
まさに群雄割拠です。ホンダだって黙っていないでしょうし、来年は更に白熱したシーズンになりそうです。
f0117332_12192620.jpg

[PR]
by katsugen77 | 2007-12-11 12:26 | F1

またまたサプライズ?!

今年一番のストーブリーグの鍵を握る人物、フェルナンド・アロンソ。チャンピオンの肩書きを持つこの男の行方が注目を集めているわけですが、ドイツのスポーツ紙によるスクープが報道されました。
29日のイギリスのホンダファクトリーからフェルナンド・アロンソが出てくるところを目撃されたとか。記事によると、シート調整の為にホンダを訪れたとか。
これが事実とすると驚きですね。来季はホンダの正ドライバーという事になります。マクラーレンと喧嘩別れするカッコウとなり、移籍希望のフェラーリはドライバー交替無し、最有力候補のルノーかと思いきや、ここにきてホンダ。驚きです。
もし、これが事実で有れば、来年のホンダはロス・ブラウンが指揮を執り、ジェンソン・バトンは確定、そしてフェルナンド・アロンソとベテランコンビとなり、ルーベンス・バリチェロはスーパーアグリへ放出という事になります。アロンソがホンダに来てくれれば本格的にホンダは勝ちを狙いに来ることになります。常勝チームとなるは間違いなし。これは楽しみです。
私はどちらかというとアンチ・アロンソだった訳ですが、ホンダの移籍がかなえば応援しちゃいますよ。
こうなると、来年は楽しみになりますね。ホンダのエンジンに強いドライバーというのはアイルトン・セナ以来です。再びホンダ黄金期が始まるでしょうか。注目です。
f0117332_12315212.jpg

[PR]
by katsugen77 | 2007-11-30 12:33 | F1

ロス・ブラウン、ホンダチーム代表に就任

またまたF1のニュースでビックサプライズがおこりました。
昨年1年間休養していた元フェラーリ、テクニカルディレクターのロス・ブラウンが来シーズンからF1に復帰し、ホンダのチーム代表として活動を再開すると発表されました。
いやぁ~、驚きました。かねてからロス・ブラウンの動向が注目されいまして、どのチームもロス・ブラウンをチームに招き入れようと働きかけていたわけですが、ホンダがロス・ブラウンの心を射止めるとは。それだけロス・ブラウンの手腕が認められているわけで、来季のホンダにとってはチームの作戦面においてはかなり向上するのではないでしょうか。
ロス・ブラウンと言えば、ミハエル・シューマッハと一緒にF1界のトップを常に歩んできた印象があります。90年代のベネトン時代にシューマッハのエンジニアとしてサポートを行い、シューマッハがフェラーリに移籍した96年に一緒にフェラーリに移籍し、シューマッハ=ロス・ブラウンというイメージがとても強いです。昨年シューマッハが現役を引退し、ブラウンも同時にF1からしばらく距離をおいていた訳ですが、1年の充電期間を経て来年はホンダのチーム代表としてホンダの立て直しを図ります。
因みに現代表のニック・フライはチームの最高経営責任者に昇格し、統括してチームを引っ張っていくようです。ただ、個人的にはこの人、必要か?って感じです。
さて、来年のホンダは大きく躍進をすることが出来るでしょうか。大いに期待しましょう。
f0117332_11291077.jpg

[PR]
by katsugen77 | 2007-11-13 22:13 | F1

中嶋一貴、ウイリアムズと契約

F1もシーズンオフに入り、アロンソの去就先が注目を集めていますが、本日、中嶋一貴がウイリアムズと2008年正ドライバー契約を結んだとニュースが入ってきました。
中嶋悟の息子と言うことで注目を集めていましたが、これでシーズン通しての日本人初二世ドライバーの誕生です。おめでとう。
2007年最終戦のブラジルGPでの走りはそつ無くこなし、ピット作業でメカニックを跳ねて負傷させてしまう一幕もありましたが、堅実な走りが評価されたようで来年は開幕から姿を見ることが出来ます。
それにしても、以前も書きましたがウイリアムズが日本人フルドライバーを雇うとは私にとってサプライズです。チャンピオン争いを演じていた90年代の勢いのあるウイリアムズでは絶対考えられないですね。あのジェンソン・バトンでさえ、ホンダと契約を破棄してまでウイリアムズに行きたかったわけで。タイミングというか何というか面白いものですね。
ウイリアムズはマシン的にはトップ争いが出来るチームなので、来年はひょっとしたら一貴選手が良いポジションでポイントを重ねてくれるかも知れません。期待しましょう。
f0117332_11564159.jpg

[PR]
by katsugen77 | 2007-11-07 22:51 | F1

一戸建て住宅の着工から完成、引渡後のアフターサービスまでを紹介
by katsugen77
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
マイリンク
最新のトラックバック
レース
from レース
ブログ意見集: 土木施工..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
土木施工管理技士の年収 ..
from 職業別年収(給料)を徹底サーチ
【F1ニュース】コバライ..
from F1GPニュース・動画WEB
土木施工管理技士の問題に..
from 土木工事施工管理技士試験ガイ..
土木施工管理技士
from ブログで情報収集!Blog-..
写ボール・大会優勝記念に
from 写ボール・大会優勝記念に
アンティーク家具ショップ
from アンティーク家具ショップの案内
外断熱工法
from ブログで情報収集!Blog-..
キックボードに乗ろう キ..
from キックボードに乗ろう キック..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧