家をつくろう

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

<   2006年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

LOST シーズン2 終了

新築記の方は今日もコンクリート養生中の為特別なイベントは無し。
今日は仕事から帰宅してから年賀状書きで大忙し。最後の暮れの大仕事でした。年賀状が落ち着くとやっと年を越せる気分になります。やっと安心できるというか。
そんな達成感に浸り気持ちに余裕が出来たので海外ドラマのLOSTを寝る前に観ることにしました。今日はシーズン2の最終話です。
LOSTは今回、貯め撮りをすることなく毎週話かかさず観てきたわけですが、次週に期待を持たせるストーリー展開なので次の回が待ち遠しくて毎週月曜日の放送が楽しみになっていました。シーズン2も期待を裏切らない面白さ。見事にはまりました。仲間同士の裏切りあり、いざこざあり、先住民との争いあり、謎のハッチあり、そして登場人物の過去の回想ありで一話たりとも見逃せません。その上最終回と来たら、話が一応の終止符が来るのかと思いきや、またしても期待を持たせるような終わり方。えっ?なんで話の途中で終わってしまうの?と、若干怒りさえ覚えるような強引なシーズンの終了。まさにクリフハンガーですね。早く続きが観たい。
CS725のAXNではシーズン3の放送が来年に決定しました。放送してくれないと逆に怒っちゃいますよ。それだけこのドラマには引き込まれるものがあります。シーズン3が非常に楽しみです。
さて、このドラマのタイトル、「LOST」の意味が良く分かりませんでした。辞書で調べてみるとLOSTはLOSE(失う)の過去形で「失った」という意味になるみたいです。よく、サッカーなどでロスタイムなんて事を言いますよね。そのロスの過去形です。もっと平たく言うと行方不明という意味になるのでしょうか。それとも主人公達の悲痛な過去がLOSTなのでしょうか。謎だらけです。
正月にはシーズン2の一挙放送があるのでまだ観ていない方にお薦めしたいドラマです。
f0117332_1141310.jpg

[PR]
by katsugen77 | 2006-12-25 23:31 | 海外ドラマ

フレディvsジェイソン

マイホームの方は現在コンクリート養生中ということで進捗報告は特にありません。
そこで今日は映画を一本観ましたので紹介します。
私が観る映画はたいてい古いものばかりで新作の映画を映画館に見に行くことはありません。特別好きな映画であれば見に行ったりもしますが、見に行こうという映画は最近無く、そのうち(1年から2年後に)CSで放送されるだろうと思うと、わざわざ新作を観たいとも思わなくなりました。最近注目の映画がないというのが本音ではありますが。それでも、ダイハードⅣの制作発表されましたのでブルース・ウイリス扮するマクレー刑事は是非、映画館で観てみたいなと思います。

さて、今日見た映画というのはフレディvsジェイソン。エルム街の悪夢と13日の金曜日のコラボレーション。恐怖のホラー映画を無理矢理二つ合わせたような感じで公開当初も気にはなっていましたが結局観ずじまいで、今日、やっと観ることが出来ました。
観た感想といえば、ホラーにしては恐怖感が足りなかったような。グロい殺害シーンなどは結構多かったのですが、恐怖を視聴者に提供するよりもフレディとジェイソンの戦いの方にウエイトをおいたようでホラー映画がダメな人でも見ることが出来ると思います。
公開当初もフレディが勝つのか、ジェイソンが勝つのか騒がれていましたが、とりあえずネタバレはよしておきます。ジェイソンの不死身具合がアーノルド・シュワルツェネッガー演じるターミネーターに見えたのは私だけでしょうか?
たまにはこんなホラー映画も良いかなと思いました。まだ観てない方は一度観てみてはいかがでしょうか。

f0117332_1674339.jpg

[PR]
by katsugen77 | 2006-12-24 23:05 | 映画

土間打設完了

今日の作業の最初は砂利の敷き均しだと思っていましたが、すでに昨日のうちに終わっていたそうです。そうですよね、上屋をかける前に重機で砂利を敷き詰めなければなりませんからね。今日の作業は断熱材の敷設から。
f0117332_1915683.jpg
私が現場に行ったときにはすでに断熱材の敷設は終了。土間シートの敷設が始まっていました。この土間シートを全体に隙間無く敷いて後は鉄筋D10を組み込むだけ。
f0117332_19151994.jpg
すでに、玄関の段差になる部分の背筋作業が始まっていました。もう一カ所、テラスのの背筋をして段差となる型枠を作って打設の準備完了。
f0117332_19152834.jpg
土間にコンクリートが打設され、これで全ての打設が完了し基本的に基礎の完成です。あとはコンクリートの温度が下がらないように防寒養生をするだけです。今回、打設に置いては色々と擦った揉んだがありましたが、土屋ホームの全面的な協力の下に満足のいく基礎を作ることが出来ました。私の要望に応えて頂けた事は本当に感謝しております。冬場の施工になったわけですが、土木屋からの立場から見ても、かなり品質の高いコンクリート構造物を作ることが出来たと自負しております。
今後は頃合いを見計らってジェットヒーターの温度を下げていき、27日にはジェットヒーターを撤去しようと考えています。ジェットヒーターを止めるときの注意する点は、いきなり止めるのではなく、徐々に温度を外気温と同じように近づけていくのが重要です。これが冬期間のコンクリート養生の最後の注意点です。
[PR]
by katsugen77 | 2006-12-23 23:13 | 新築記

埋戻し

今日は一時的に上屋が解体され、バックホウによる埋戻しが行われました。
f0117332_8234326.jpg
埋戻されてしまうとあんなに深かった基礎の面影が無くなり、普通の基礎になりました。埋戻し前の状態に見慣れていたせいか基礎がとても小さく感じました。
f0117332_8235683.jpg
昨日設備やさんが設置していった給排水も埋戻されるとこんな感じ。ひょこんと顔をのぞかせています。ユニットバス、洗面台、給湯器の排水が密集しています。点検口もこの辺りに取り付けられるので、メンテナンスで地下に潜る場合はここから入ることになります。この後、全ての埋戻しが完了すれば再度上屋をかけて本日の作業は終了。
明日は切込砂利を200ミリ敷いた後、断熱材(ポリスチレンフォーム)、土間シートを敷設し、鉄筋を組んでいよいよ土間の打設です。
[PR]
by katsugen77 | 2006-12-22 23:22 | 新築記

設備工事

会社に出勤途中に珍しい光景を目にしました。
北海道で冷え込んだ朝は空気中の水蒸気が凍って太陽の光に反射し、ダイヤモンドダストが発生することは良くあるのですが、それが激しくなると虹のような幻想的な姿となります。
f0117332_8213922.jpg
ちょっと珍しかったので写真に収めました。今朝の気温は氷点下12℃。それほど厳しい冷え込みではなかったのですが、晴天にも恵まれ条件が整い、このような光景になったんでしょうね。

さて、現場の方は設備屋さんが来て水道と温泉の水抜き栓の取り付けを行っていました。土を埋め戻してからではまた掘り返さなければならないので今が丁度良い施工のタイミング。基礎ベースの下を管が通ります。
f0117332_8384773.jpg
黒い管が水道用。オレンジの管が温泉用です。温泉が引けるとは贅沢な話ではありますが、ただ私の購入した土地は温泉の権利はあるものの温泉を管理している人が現在居ません(要するに破綻してしまって管財人の管理下にあります)。よってまだ温泉が使用できるか未定。将来的に温泉を引こうと思っているので取りあえず管だけ引いておく事にしました。家が完成してから土地を掘り返して穴を開けてなんて事をすると大変な費用がかかりますからね。
これであとは土を埋め戻し、鉄筋を組んで土間にコンクリートを打設し、養生すれば基礎は完成。あともう少しです。

今日の午前中に土屋ホームの本社から現場の技術管理をしている技術課長さん、そして釧路支店の支店長さん、現場担当のキシシタさん、営業担当のコダマさんが来て今までの件で謝罪に訪れました。私は今回の件でかなりのお冠。せっかく来ていただいたので取りあえず話を聞くことに。今までの技術的な事を細かく説明を受ける。私は(施工主の)立場になって考えてくださいと言うと理解していただけたのか、とても低調に平身低頭して謝られました。ただ、どんなに謝られても施工の体制は変更無く今まで通り行くとの事。形として何が変わったのかは良く分からない。これではまた同じ事を繰り返すような懸念を感じる。ただ謝れば済むという問題でもない。大きな借金をして一生の買い物をしたのに施工中にあんな事があって面白くない思いをしたという記憶はローンを返済しているときにずっと付きまとうのですから。
とりあえず今後の土屋ホームの対応を見ていってくださいと言い残しつつ帰られました。このような事があったのですから、より厳しい目で見ていきたいと思います。
[PR]
by katsugen77 | 2006-12-21 23:17 | 新築記

左官作業

今日は外側に貼り巡られた断熱材にモルタルを塗る左官作業が行われていた。
外断熱とは言えさすがにそのままむき出しにする訳にはいかないので、75ミリの断熱材の上からモルタルが塗られていく。午後1時前に見に行ったときには大方作業は終わっていた。さすが職人技ですね。
f0117332_8101532.jpg
一見すると、基礎の幅135ミリ、断熱材75ミリ、モルタル厚5~10ミリなので約220ミリの基礎が完成。でも、コンクリート基礎の部分は135ミリなのでこの上に部材が取り付けられる。
取りあえず、今回は軽くモルタルを塗って作業は完了。この上から仕上げのモルタルを塗るのですが、雪が溶けて暖かくなる春くらいにもう一度モルタルを塗っていただくことになります。

実は私の父親は元左官職人。ですから私は小さい頃から建築の基礎を良く見てきた。昔は風呂はタイル貼り、外壁もモルタルで左官工事というのは当たり前の光景でした。しかし、現在は風呂はユニットバス、外壁もサイディングでパタパタと填め込み式になり作業は簡単。一軒の家で左官職人が必要とされる工程がほとんど無くなってしまった。時代の流れとは言え職人が食っていけないと言うのは寂しさを感じます。きちんとした施工をすればモルタルで施工した方が長持ちするんですけどね。コストの問題やデザイン的なイメージでやはりモルタル作りの家は敬遠されてしまうんでしょうね。
[PR]
by katsugen77 | 2006-12-19 23:37 | 新築記

型枠解体

布基礎の打設から丸三日。今日までコンクリートの防寒養生のため、作業はありませんでした。
そして今日、型枠が外されました。欲を言えばもう少し(あと2~3日)型枠を付けたまま養生を続けてもらいたかった訳ですが、今後の作業工程を考えるとあまり無理なことも言えません。三日放置してあったので、型枠がはずせる強度(5N/mm2)は確実に出ているので、今日型枠を外してもらいました。もちろん、防寒養生はこのまま続きます。今、養生を止めてしまうと、規定の強度が出なくなってしまいますのでコンクリートの温度を保ちながら養生を続けます。この養生は夏場であれば温度が下がることがないので、あとは自然に任せて1日1日コンクリートの強度は増していくのですが、冬の寒い時はそのまま外気温にさらしてしまうと強度の伸びが止まってしまいます。これが寒中コンクリートの扱いで特に重要になってくる訳です。この温度管理をきちんと行わなければ、夏に打設したときより強度が半分しか出ないという事も起こりえます。ですから冬のコンクリート養生はとても重要になってきます。

さて、前回のトラブルから今日まで、私の気持ちは落ち着きません。なんで自分の家を建てているのにこんな気持ちにならなければならないのでしょうか。
今日は土屋ホーム釧路支店の支店長さんも謝罪に訪れました。しかし、ただ謝罪されただけでは私の気持ちは治まりません。
きちんとした顧客苦情の対応、そして土屋ホーム本社としての何らかの対応を求めました。でも、こういう事って私から求めるものではなく、企業として自ら率先して対応するのが当たり前だと思うのですが。それがトラブルを起こした時の企業のイメージにも繋がるのですから。
[PR]
by katsugen77 | 2006-12-18 20:40 | 新築記

楽しみの基礎打設だったはずなのに・・・

今日はいよいよ基礎の打設。
この工程は基礎の強度が決まる工程なので一番重要と私は考えております。ですので、仕事の時間を調整して打設するときは立ち会いたい。それくらい今日の作業は重要。
朝から気合いを入れて、じっくりおかしいところはないかチェック。特に鉄筋のかぶり厚に関してはコンクリート打設後は見えなくなってしまう、俗に言う不可視部分になるので入念に見ていくことに。そうすると、
f0117332_8234353.jpg
大半のところでかぶり不足が発覚。でも、これは打設前にスペーサーかます作業を行おうとしているのは分かっていた。しかし、私が気になったのは鉄筋の先端がフック式の物を採用していると言うこと。このフック式になっているせいで基礎の立ち上がりの鉄筋をセンターに合わせても先端の方でかぶり不足になってしまう。かぶりを犠牲にしてまでフックを採用していると言うことは何らかの意図でこのような設計になっているのは予想が付くが、どうしてこのフック式の物になっているのか現場担当者のキシシタさんに電話をかけて聞いてみる。別に意味がないので有ればかぶり不足を解消するためにこのフックを切断したって問題ないでは?と聞いてみる。返ってきた答えはそれは出来ません。設計通りの施工をしないと補償が受けられなくなりますとのこと。なるほど、ここまでは私も納得。しかし、その先のなぜ、このフック式の物を採用しているのか聞いてみるとはっきりとした答えが返ってこない。私も疑問に思ったことはとことん聞くタイプだ。即答できないので有れば、本社に電話して確認してみてと答えを促す。そうすると、今日は木曜日だから本社も休みですぐに返答できるかどうか・・・と、またしても曖昧な答え。これでは私は納得できない。そして、このあと、とんでもないことを言われてしまう・・・
そんなに信用できないので有れば、土屋ホームで建てなければ良かったじゃないですか・・・と。
もちろん、本気でそんな事を言っている訳ではないとは理解できる。だけど、受注者(施工業者)として最も言ってはいけないことを言われてしまった・・・
そんな風に言われては、疑問に思ったことやおかしいと思ったことは一切言えなくなってしまう。
とても精神的にショックを受けた。本来で有ればこれからドンドン家が出来て期待感が膨らんで楽しみになっていくという時期なのに。私はもう現場にも行きたくない気持ちになってしまった。もうどうでも良い・・・勝手に作ってくれ・・・
正直、午後の生コン打ちには行きたくはなかった。いっその事、現場をストップさせようとも考えた。しかし、下請業者さん協力業者さんには何も関係ないこと。彼らにも生活がかかっていると思えば自分勝手な感情で現場をストップさせる訳にはいかない。
とりあえず打設は終わった。養生も完璧にやってくれているだろう。
[PR]
by katsugen77 | 2006-12-14 23:08 | 新築記

外断熱

今日も昨日から引き続き型枠のせき板組みが行われていた。
お昼に見に行ったところ、内側の型枠はおおむね完成していた。型枠を組むと言うことは出来上がりを想定して組まないといけないので感心してしまう。
続いて外側のせき板の取り付けと思いきや・・・
f0117332_21462240.jpg

断熱材が取り付けられていく。
そう、土屋ホームの売りでもある外断熱である。建物全体を断熱材で包み込み高断熱と高気密を確保する工法、それが外断熱です。基礎から断熱材をきっちり入れていくとはすごい。このように基礎のコンクリートの外側に直接断熱材を貼り付けていくことでコンクリートと断熱材との密着度が上がるらしい。基礎の下から断熱材で建物全体を包み込み暖めていくことが理解できる。断熱材の厚さは75ミリ。土屋ホームで家を建てた人が口々に暖かいと言うのが分かる気がする。今から基礎の出来上がりが楽しみですね。
[PR]
by katsugen77 | 2006-12-13 21:59 | 新築記

布型枠設置開始

今日午前8時の気温、氷点下15℃。夜中はこれよりも更に冷え込んだと思われます。文句なしの今シーズン一番の寒さ。寒さも本格的になってきました。
私は現場には出勤前の8時、お昼の1時、帰宅時の5時半と一日三回寄ることが出来ます。この時間帯は作業風景を見ることが出来ませんが、一日の作業工程がどのように進んだのかは推測することが出来ます。
f0117332_18585464.jpg

写真は朝一で撮影したもの。氷点下の極寒の寒さから上屋内は暖房がきいててカメラのレンズがすぐに曇ってしまいました。おかげで良い写真は撮れずじまい。外気温と室温との温度差で結露が発生し湿度は高め。コンクリートを養生するには丁度良い環境になっています。昨日コンクリートを打ち込んだ段階で作業が終わっています。とりあえず仕事に向かうことに。
f0117332_18592481.jpg

そしてお昼になり、現場に寄ってみました。午前中の作業としてはベースの型枠外し、布基礎型枠の位置に墨出しが行われていました。打設をして型枠を外すまで少々早すぎるような気もしますが、今後の作業工程を考えると仕方がないでしょうか。今回はベース部だったので布部の打設はきちんと行ってもらいたい。
f0117332_18594059.jpg

今日は帰宅時もまだ作業が行われていました。布部の型枠が半分ほど完了していました。さすがに1400ミリ以上の高さの型枠が組まれると圧巻。少々写真は分かりづらいですが。鉄筋もD13の鉄筋が補強され打設の準備が進んできました。今後は鉄筋のかぶり等に注意を払って見ていこうと思う。
[PR]
by katsugen77 | 2006-12-12 20:15 | 新築記

一戸建て住宅の着工から完成、引渡後のアフターサービスまでを紹介
by katsugen77
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
マイリンク
最新のトラックバック
レース
from レース
ブログ意見集: 土木施工..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
土木施工管理技士の年収 ..
from 職業別年収(給料)を徹底サーチ
【F1ニュース】コバライ..
from F1GPニュース・動画WEB
土木施工管理技士の問題に..
from 土木工事施工管理技士試験ガイ..
土木施工管理技士
from ブログで情報収集!Blog-..
写ボール・大会優勝記念に
from 写ボール・大会優勝記念に
アンティーク家具ショップ
from アンティーク家具ショップの案内
外断熱工法
from ブログで情報収集!Blog-..
キックボードに乗ろう キ..
from キックボードに乗ろう キック..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧