家をつくろう

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

<   2007年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

玄関完成

f0117332_22264085.jpg
今日から本格的にクロス貼りが始まりました。みすぼらしいタイガーボードの壁がみるみる内に新築の壁に生まれ変わっていきます。
午前中までに水回りの脱衣場・トイレの天井、壁にクロスが貼り終えていました。この部屋はフローリングではなくフロアマットが敷かれました。
f0117332_22264883.jpg
リビングの天井にも白いクロスが貼られました。それにしても隙間無く複雑な形状にも綺麗に貼り付けるクロス屋さんは流石です。お見逸れしました。
f0117332_22265622.jpg
今日は左官屋さんが来て玄関にタイルが敷き詰められ、玄関は完成。クロスも貼り終えました。
f0117332_2227512.jpg
クロスを貼る作業はどんどん続きます。貼り始まると早いですね。1階部は7割方完成しました。2階もホールの天井、壁にクロスが貼り付けられました。
ところで、昨日足場が外されたので我が家の全景を写真に納めました。見ての通りの真四角です。シンプルな形だけど無駄なスペースを無くし、フルに生活空間として利用しています。
工事の方は完成までいいところあと3日です。
[PR]
by katsugen77 | 2007-02-28 22:52 | 新築記

下地処理完了

f0117332_20383817.jpg
今日からクロスが貼り始めました。ご覧の通り、壁にはパテが盛られ下地処理が終了。このままではとてもみすぼらしい光景ではありますが、これからどんどん綺麗な壁に仕上がっていきます。
f0117332_20384637.jpg
これがクロス(表具)に糊を付ける機械。クロスに均等にかつ速やかに糊が付着します。
f0117332_20385448.jpg
ユーティリティー(脱衣場)の天井からクロスが貼られ始めていました。流石プロの技。シワが無く均等に貼り付けられていました。
今日はこのほかに建物の周りに仮説されていた足場が撤去されました。建物の全景は明日にでも写真に納めようと思います。
[PR]
by katsugen77 | 2007-02-27 20:58 | 新築記

内壁パテ埋め

建物完成まで10日を切りました。そろそろ引っ越しの準備や手続きなどを行わなければなりません。
今日は銀行へ行ってローンの本契約をしてきました。昨年にゼロ金利政策が終焉を迎え、長期住宅ローンは景気の動向にそってじわじわと上昇してきています。幸い、私は一番低い低金利で契約できたので、とりあえず最初の3年間は1.0%。しかし、その後は1.8%以上になるだろうとちょっと心配。3年変動の住宅ローンは金利が安い分、景気によって利率が左右されるので給料の安い私にとって少々不安要素。なせばなる~と開き直るしかないですね。
f0117332_20151392.jpg
さて、現場の方は今日からクロス屋さんが入って作業を行っていました。午前中の作業はパテを盛るためのマスキング作業。新品の建具やキッチンにパテが付着しないようにマスキング作業が施されました。私もプラモデル製作を趣味としている身として、下地のパテ盛りがいかに重要な作業になるか良く分かります。
f0117332_20152143.jpg
このようなタイガーボードに打ち込まれた釘のへこみに白いパテを盛ることになります。また、釘以外にもタイガーボードのつなぎ目、陥没したところ、隙間などクロスを貼るところ全てにパテを盛って凹凸を無くしていきます。このパテは一晩経てば乾くそうです。
今日はこのほかに天井の断熱処理としてブローイング作業が行われました。この作業は残念なことに見ることが出来ませんでした。
明日以降もパテを盛る作業と水回りを優先的にクロスが貼られていく予定です。
[PR]
by katsugen77 | 2007-02-26 20:38 | 新築記

大工工事完成

f0117332_15331567.jpg
今日は日曜日だった訳ですが、大工工事が後れをとっていると言うことで大工さんは最後の建具取り付けと総仕上げをしていました。
写真は昨日組み立て途中であったカップボード。キッチンについては、私はノータッチだったので出来上がって初めてこういうのが付くのかと確認。最近の家風でなかなか良い感じです。
f0117332_15332320.jpg
こちらはトイレ。まだ便器が設置されていませんが、便器の裏の物入れが取り付けられました。
f0117332_15333035.jpg
こちらは同じくトイレ。物入れの方から出口の方に向けて撮影してみました。トイレの出口には手洗い器を設置しました。この手洗い器はセンサーが付いており手を近づけると自動で水が出てきます。この自動で水が出るというのは私のこだわりです。
普通、用を済ませた後水を出すために蛇口をひねって水を出す→手を洗う→蛇口をひねって水を止める、というのがセオリーですが、それでは手を洗った後に汚い蛇口を再び触らなくはならない、これが嫌なので自動にしました。
f0117332_15333844.jpg
2階でも続々と建具が取り付けられました。写真は子供部屋のクローゼット。二つ折りの扉が2セット取り付けられました。
f0117332_15334919.jpg
こちらは階段上がってすぐの物入れ。こちらにも扉が設置され、各部屋にはドアが設置され大工工事は終了。
ここまでくるまで色々問題はありましたが、何とか終わりました。終盤に入って、打ち合わせ通りの仕上がりになっていない等、細かい土屋ホーム側のミスが連発しましたが、それに対しても快く対応して頂いたので私としては満足です。
明日からはクロス屋さんが入る予定です。
[PR]
by katsugen77 | 2007-02-25 16:01 | 新築記

キッチン組み立て

f0117332_156919.jpg
今日は昨日に引き続き大工さんは忙しく、物入れの造作、トイレの造作、1階の巾木の取り付け等行っていました。
キッチンではシステムキッチンの取り付けが行われていました。私はほぼこの空間については使わないので上さんに自由に決めてもらった。建物の中でも、ここが一番金額がかかっているのではないだろうか(最近出たばかりのシンクの洗い場、引き出しはゆっくり閉まる機構、人工大理石風カウンターetc)。ま、ずっと使う場所だからこそ、あえて何を付けようと否定はしなかった。それにしても食洗機なんて必要なのか・・・手抜き・・・いや、文明の発達と言っておこうか・・・とにかく便利になったものだ。オール電化なので調理器具はIHクッキングヒーター。
f0117332_1561817.jpg
キッチンの裏側はカップボードが取り付けられます。電子レンジ、トースター、炊飯ジャーを配置可能でもちろん、食器も収納可能。このカップボードがあるので我が家は食器棚は必要なし。キッチンのスペースも意外に広いので調理をするには申し分のない内容でしょう。
[PR]
by katsugen77 | 2007-02-24 23:05 | 新築記

大完立会

昨日、今日と大工造作の山場を迎え、今日は大完立会。本当であれば昨日で大工工事は完了していたはずですが、少々工事が遅れ気味。大完立会は大工工事が完了してから行うのが普通ですが、作業が完了していなくても予定通り行うことにしました。
一通り完成の確認と電気の配線、コンセントの位置等の説明をうけ大完立会は終了。今日は業者さんがたくさん入っており、電気設備屋さん、塗装屋さん、左官屋さん等忙しく作業していました。建物完成まであとわずか。もうすこしですね。
大工さんは一生懸命作業をしてくれているのですが、残っている作業が細かく、今一進捗具合が分かりづらい。でも、確実に進んでおります。よって写真は特別撮りませんでした。写真は大工工事が終了してからまとまって撮ろうかとおもいます。
[PR]
by katsugen77 | 2007-02-23 22:47 | 新築記

和室造作

f0117332_8463113.jpg
1階の大工工事も終盤へ。今日は和室の造作が進められました。写真は仏間。ここの造作もあともう少しで完了です。
f0117332_8463866.jpg
階段の横にはカウンターを取り付け、パソコンを設置できるようにしました。ここは家族みんなで使用する共有スペースです。下の段にはルーター、モデムを配置する予定。
f0117332_8464521.jpg
対面式キッチンの天端にも集成材が取り付けられ、カウンター風に仕上がりました。
f0117332_8465430.jpg
階段昇り途中の壁にはニッチが設けられました。ちょっとしたスペースではありますが、ここには何か飾ろうかと考えています。
[PR]
by katsugen77 | 2007-02-21 23:45 | 新築記

1階造作

大工工事もあとわずか。例の一件以来、棟梁は私に良く話しかけてくれるようになりましたし、また私の方も気楽に話しをかけることが出来るようになりました。おかげで気持ちよく現場に行くことが出来ます。
着工から竣工までつんけんして嫌な思いをするのと快くコミュニケーションを取りながら完成するのとでは、どちらも作業工程が同じで結果も同じ製品が出来上がるかも知れませんが、建て主としてはやはり後者であってもらいたいものです。
f0117332_8505381.jpg
さて1階のキッチン周りにもタイガーボードが貼られました。この壁の向こう側には冷蔵庫を配置する予定です。
f0117332_851021.jpg
階段も仕上げ段階に。階段昇り口には手摺りが造作されました。階段内壁にはぐるりと手摺りが取り付けられます。
f0117332_851878.jpg
壁のカドにはこのように小さなR(アール)の付いた部材が取り付けられました。これによりとがったカドではなく、丸みを帯びた優しいコーナーに仕上がります。
[PR]
by katsugen77 | 2007-02-19 22:42

宿泊体験

昨日と今日は土屋ホームの宿泊体験に行ってきました。
あともう少しで完成・引き渡しなのですが、2月の極寒の時期に土屋ホームの家の暖かさを体験しようと、実は昨年暮れに、来年の2月中旬に宿泊体験しようと申込をしておきました。
土屋ホームの建物は、良く”暖かい”と耳にしてきましたが、私が今建てている家を見てもセントラルヒーティングでもなければ蓄熱暖房機を置くわけでもなく、まして床暖房も無し。これで果たして本当に氷点下20℃の環境でも暖かく快適に過ごすことが出来るのかと半信半疑。北海道の住宅といえばFF式ストーブを居間にどんっと置いて暖をとったり、煙突のストーブを設置してストーブをガンガン炊くのが常套手段。私の実家は昔、薪ストーブだったので、あの火力の高い薪ストーブの暖かさが懐かしい。寒がりの私にとって、土屋ホームの建物は私の体に合うのか?そんな事を検証すべく、宿泊体験に行ってきました。

今回宿泊した物件はオール電化では無いにせよキッチンはIHクッキングヒーター、風呂・暖房は灯油ボイラー、暖房設備は24時間換気システムにより各部屋へ暖かい空気が流れるシステムで、灯油ボイラーを除けば我が家とほぼ同じシステム。本当に全部屋暖かいのか、すきま風が入ってこないか、保温性は良いのか体感することに。
建物に入って直ぐ、玄関で暖かい空気が流れてきました。営業のコダマさんから今日からこの物件は展示会で公開しており、昼間はずっと使われていたことを説明を受け、部屋の中は暖まった状態になっていたという。それにしてもこの暖かさには驚いた。そんなにずっと暖房を付けっぱなしにしていた訳ではないと言うのに、人間が感じる快適温度より高めでむしろ暑いくらい。部屋中の温度が常に一定と言うことにカルチャーショックを受けた。さすが外断熱の高気密・高断熱の家。北海道の極寒の地に対し暖かい家造りを追求してきた土屋ホームだからこそなし得た技。素直に土屋ホームの家は暖かいと感じました。
逆に暖房を付け続けると暑すぎた為、11時に暖房を全て切って寝ることに。それでも室内にこもった温度が下がることなく若干寝苦しい夜となりました。流石に朝方は肌寒さを感じましたが、これは暖房を止めて寝たため。すぐに暖房を入れると室内は暖まりました。今朝の釧路の冷え込みは氷点下10℃と言うことを考えると7時間暖房を止めても昨夜の温もりがあるのですからすごいの一言。どこからか冷たい空気が入ってくると言うこともなく、いかに高気密に作られているかを体感しました。
また、北海道の住宅で建物を暖めても床(フローリング)が冷たいと言うことは良くある話。しかし、土屋ホームの家は床下も暖かい空気を循環させているためトイレに行こうが廊下を歩こうがどこの床も全て暖かいのには驚いた。北海道の住宅で冬場に廊下が冷たくて苦労されている方がほとんどだと思いますが土屋ホームの家ではそんな問題は皆無です。

今回の宿泊体験では土屋ホームの暖かさをまざまざと見せつけられました。正直な話、最近は嫌なイメージばかり先行して少々嫌気をさしていた訳ですが、今回の営業のコダマさんの対応も良かったし、支店長さんもわざわざ出向いてくれましたし、何と言っても土屋ホームの建物の良さも体感することができたで、我が家の完成が楽しみになってきました。

それにしても、この宿泊体験という企画。私は素晴らしいと思います。実際に一晩その家に泊まってもらって家の良さを体感して頂く。購入する側も良いところを見つけることが出来ますし、売る側も、自信があるところをアピールできる良いチャンスとなるとはずです。
これから購入を考えている方は是非、宿泊体験されてはいかがでしょうか。一生を過ごす家ですからね。体験して良さを味わってください。
[PR]
by katsugen77 | 2007-02-18 23:40 | 新築記

2階完成

f0117332_11185712.jpg
1階のユーティリティー兼洗面所・脱衣所の壁の製作が行われていました。これでほぼ建物全体の壁が施工され、間取り的な位置間隔の把握が出来るようになりました。
f0117332_1119324.jpg
2階の巾木が取り付けられ、大工工事が終わりました。後はクロスを貼り付けるのみ。
f0117332_11191279.jpg
こちらは階段昇ってすぐの物入れ。棚板が設置されました。最後に掃除をして終了しました。
来週からは1階の造作に集中されます。
[PR]
by katsugen77 | 2007-02-17 22:26 | 新築記

一戸建て住宅の着工から完成、引渡後のアフターサービスまでを紹介
by katsugen77
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
マイリンク
最新のトラックバック
レース
from レース
ブログ意見集: 土木施工..
from ブログ意見集(投稿募集中)b..
土木施工管理技士の年収 ..
from 職業別年収(給料)を徹底サーチ
【F1ニュース】コバライ..
from F1GPニュース・動画WEB
土木施工管理技士の問題に..
from 土木工事施工管理技士試験ガイ..
土木施工管理技士
from ブログで情報収集!Blog-..
写ボール・大会優勝記念に
from 写ボール・大会優勝記念に
アンティーク家具ショップ
from アンティーク家具ショップの案内
外断熱工法
from ブログで情報収集!Blog-..
キックボードに乗ろう キ..
from キックボードに乗ろう キック..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧